生みの親より育ての親

【読み】 うみのおやよりそだてのおや
【意味】 生みの親より育ての親とは、自分を生んでくれた親よりも、育ててくれた親のほうが、愛情も恩義も深く感じるということ。

【生みの親より育ての親の解説】

【注釈】 生んでくれただけの親よりも、長い間苦労して育てて一人前にしてくれた生みの親より育ての親(義父母)のほうに、愛情や恩義を感じるのが人情というものだということ。
「産みの親より育ての親」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 生みの恩より育ての恩/後の親が親
【対義】
【英語】 A child is what his parents make.(子供は親の育て方で決まる)
【用例】 「生みの親より育ての親で、実の親以上に義理の母親を慕っている」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス