海千山千

【読み】 うみせんやません
【意味】 海千山千とは、経験が豊かで抜け目がなく、しぶとくずるくなっていくことのたとえ。

【海千山千の解説】

【注釈】 海に千年、山に千年住んだ蛇は竜になるという言い伝えからできたことわざ。
竜ともなれば、蛇などは相手にならない。
経験を積んで世間の裏表を知り、したたかになること、またはそのような人をいう。
【出典】
【注意】 芸事や技術などの経験を積むという意味で使うのは誤り。
誤用例 「幼少のときから子役をしているだけあって、海千山千の名演技でしたね」
【類義】 海千河千/海に千年河に千年/海に千年山に千年/一筋縄で行かぬ
【対義】
【英語】 As cunning as Captain Drake.(ドレイク提監のように老練な)
※ ドレイク提監とは、16世紀のイギリスの提監で、地球を周航した最初のイギリス人。抜け目のない人としても有名だった。
【用例】 「海千山千の彼が指揮してくれれば、もう怖いものなしだ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

海千山千(うみせんやません)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
海千山千の意味・語源・由来 - 語源由来辞典
海千山千の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス