鵜の真似をする烏

【読み】 うのまねをするからす
【意味】 鵜の真似をする烏とは、己の能力を省みず、人真似をして失敗することのたとえ。

【鵜の真似をする烏の解説】

【注釈】 鵜も烏も同じ黒い鳥だが、鵜は潜水が得意で、烏はうまく泳げない。
その烏が鵜の真似をして魚を捕ろうとしても、水に溺れるだけということから。
「烏が鵜の真似」とも。
「鵜の真似する烏水に溺れる」「鵜の真似する烏は大水を飲む」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 鸚鵡の人真似/人真似すれば過ちする/身の程を知れ
【対義】
【英語】 The jay is unmeet for a fiddle.(カケスはバイオリンに似合わない)
※ カケスは無能な鳥。バイオリンは弾くのが難しい楽器。
【用例】 「聞きかじりの知識しかないのに、専門家を気取るだなんて、そんな鵜の真似をする烏みたいなことはやめたほうがよい」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス