鵜の目鷹の目

【読み】 うのめたかのめ
【意味】 鵜の目鷹の目とは、熱心に物を探すさま。またそのときの鋭い目つき。

【鵜の目鷹の目の解説】

【注釈】 鵜や鷹が獲物をねらうときの鋭い目つきの意味から。
ちょっとしたことも見落とすまいと熱心に探す様子や目つきのことをいう。
多く、欠点や欠陥を探すときのようすに使う。
【出典】
【注意】 ただ熱心に何かをするときに使うのは誤り。
誤用例 「彼が集中して参考書を読むときは、鵜の目鷹の目のごとく真剣だ」
【類義】 鵜の餌鷹の餌/血眼になる
【対義】
【英語】
【用例】 「息子がガールフレンドを家に連れてきたとき、妻は鵜の目鷹の目で粗探しをしていて怖かったよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス