瓜の蔓に茄子はならぬ

【読み】 うりのつるになすびはならぬ
【意味】 瓜の蔓に茄子はならぬとは、平凡な親から非凡な子は生まれないことのたとえ。また、原因のないところに結果は生じないということのたとえ。

【瓜の蔓に茄子はならぬの解説】

【注釈】 ウリの蔓にはウリしかならず、ナスもナスの木にしかならないことから。
「瓜の木に茄子は生らぬ」「瓜の種に茄子は生えぬ」とも。
【出典】
【注意】 平凡な人間からは平凡な人間しか生まれないという意味なので、ほめる場合に使うのは誤り。
誤用例 「瓜の蔓に茄子はならぬと言いますが、息子さんもお父さんと同じ写真家なのですね」
【類義】 燕雀鳳を生まず/蛙の子は蛙/狐の子は面白/この親にしてこの子あり/この父ありて斯にこの子あり/鳶の子は鷹にならず/鳩の卵が鵯にはならぬ/蝮の子は蝮
【対義】 烏の白糞/鳶が孔雀を生む/鳶が鷹を生む/百舌が鷹を生む
【英語】 Eagles do not breed doves.(鷲は鳩を生まない)
Of evil grain, no good seed can come.(悪い穀物からよい種子は出てこない)
【用例】 「瓜の蔓に茄子はならぬで、私も父と同じように平凡な会社員だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス