牛に引かれて善光寺参り

【読み】 うしにひかれてぜんこうじまいり
【意味】 牛に引かれて善光寺参りとは、思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。また、他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることのたとえ。

【牛に引かれて善光寺参りの解説】

【注釈】 昔、長野の善光寺近くに住んでいた不信人で欲深い老婆が、さらしていた布を隣の家の牛が角に引っかけて走り出したのを見て、その牛を追っていくうちに善光寺にたどり着き、それがきっかけで度々善光寺に参詣するようになり、信仰の道に入ったという言い伝えから。
「牛に引かれて善光寺詣り」とも書く。
【出典】
【注意】 好ましくない方に向かうことに使うのは誤り。
誤用例 「牛に引かれて善光寺参りで、彼は友達にそそのかされて以来、いかがわしい店に足しげく通っている」
【類義】
【対義】
【英語】 Goslings lead the geese to water.(雛がガチョウを水辺に連れて行く)
【用例】 「牛に引かれて善光寺参りで、たまたま誘われた美術展で絵画にはまり、油絵を描くのが趣味になった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス