牛は牛連れ、馬は馬連れ

【読み】 うしはうしづれ、うまはうまづれ
【意味】 牛は牛連れ馬は馬連れとは、同類や似た者同士は自然と集まりやすいことのたとえ。また、似た者同士で物事を行えば、うまくいくということ。

【牛は牛連れ馬は馬連れの解説】

【注釈】 牛と馬は歩調が合わないが、牛同士または馬同士なら歩調が合い、連れ立つのがふさわしいことから。
「馬は馬連れ、牛は牛連れ」「馬は馬連れ、鹿は鹿連れ」、また、単に「牛は牛連れ」「馬は馬連れ」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 合うた釜に似寄った蓋/同気相求む/同類相求む/似合い似合いの釜の蓋/似合う夫婦の鍋の蓋/似た者夫婦/似るを友/ねじれ釜にねじれ蓋/蓑のそばへ笠が寄る/目の寄る所へ玉も寄る/類は友を以て集まる/類は友を呼ぶ/類は類を呼び友は友を呼ぶ/類をもって集まる/破れ鍋に欠け蓋/割れ鍋に綴じ蓋
【対義】 氷炭相容れず
【英語】 Every Jack has his Jill.(どのジャクにもみな似合いのジルがいる)
【用例】 「あの同好会のメンバーはみな性格が似ている。牛は牛連れ、馬は馬連れだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス