嘘も方便

【読み】 うそもほうべん
【意味】 嘘も方便とは、嘘をつくことは悪いことではあるが、時と場合によっては嘘が必要なときもあるということ。

【嘘も方便の解説】

【注釈】 目的を遂げるために、時には嘘をつくことも必要になるという意。
「方便」とは、仏教用語で、衆生を真の教えに導く為に用いる仮の手段のこと。
【出典】
【注意】 悪事に結びつく嘘を許されるという意味で使うのは誤り。
誤用例 「嘘も方便というから、金が欲しくて詐欺の電話をかけたことも仕方ないだろう」
【類義】 嘘つき世渡り上手/嘘は世の宝/嘘も重宝/嘘も追従も世渡り/嘘も誠も話の手管/嘘をつかねば仏になれぬ
【対義】 嘘つきは泥棒の始まり/嘘つきは盗人の苗代/嘘と盗みは互いに隣同士/嘘は盗人の始まり/嘘は盗みの基/嘘を言うと閻魔様に舌を抜かれる/嘘を言えば地獄へ行く/嘘をつくと腹に竹が生える/正直は一生の宝
【英語】 The end justifies the means.(目的は手段を正当化する)
He that cannot dissembble know not how to live.(偽ることのできない人は、生き方を知らない人である)
A lie does good how little a while soever it be believed.(嘘は信じられる時間がどんなに短かろうと、役立つものだ)
【用例】 「親御さんの病状がすぐれないことは、今は言うべきではないだろう。嘘も方便だ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

嘘も方便の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス