嘘つきは泥棒の始まり

【読み】 うそつきはどろぼうのはじまり
【意味】 嘘つきは泥棒の始まりとは、平気で嘘をつくようになると、盗みも平気でするようになる。嘘をつくのは悪の道へ入る第一歩であるということ。

【嘘つきは泥棒の始まりの解説】

【注釈】 平然と嘘を言うようになれば、良心がなくなって盗みも平気ではたらく人になるから、嘘はついてはいけないという戒め。
「嘘つき」は「嘘吐き」とも書く。
【出典】
【注意】 嘘で騙す者が泥棒を働くという意味で使うのは誤り。
誤用例 「嘘つきは泥棒の始まりで、実在しない会社を名乗って勧誘されて、しまいには大金を騙し取られた」
【類義】 嘘つきは盗人の苗代/嘘と盗みは互いに隣同士/嘘は盗人の始まり/嘘は盗みの基
【対義】 嘘つき世渡り上手/嘘は世の宝/嘘も重宝/嘘も追従も世渡り/嘘も方便/嘘も誠も話の手管/嘘をつかねば仏になれぬ
【英語】 He that will lie will steal.(嘘をつく者はいずれ盗人になる)
Show me a liar and I'll show you a thief.(ある人の嘘つき癖を指摘してみなさい、そうすれば私はその人の盗癖を指摘できる)
【用例】 「嘘つきは泥棒の始まりだから、たとえ小さい嘘でも言ってはいけないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス