烏頭白くして馬角を生ず

【読み】 うとうしろくしてうまつのをしょうず
【意味】 烏頭白くして馬角を生ずとは、あり得ないことのたとえ。また、ありえないと思っていたことが実際に起きることのたとえ。

【烏頭白くして馬角を生ずの解説】

【注釈】 中国、戦国時代に燕の太子丹が奏の人質になった時、奏王から「頭の白いカラスが現れ、馬に角が生えたら国へ帰してやろう」と言われ、絶望していた。
すると、実際に頭の白いカラスと角が生えた馬が現れたため、丹は帰国することができたという故事に基づく。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 烏の頭白くなるまで
【対義】
【英語】
【用例】 「君がオリンピック選手に選ばれるなんて、烏頭白くして馬角を生ずというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス