烏兎匆匆

【読み】 うとそうそう
【意味】 烏兎匆匆とは、月日の経つのが慌ただしく早いさま。

【烏兎匆匆の解説】

【注釈】 太陽の中には三本足の烏「金烏(きんう)」が、月には兎「玉兎(ぎょくと)」が住んでいるという中国の伝説から転じて、歳月の意として用いられるようになった。
「烏兎怱怱」とも書く。
烏兎=歳月。匆匆=急ぐさま、慌ただしいさま。
【出典】
【注意】 慌ただしいさまは歳月のことであり、人に対して用いるのは誤り。
誤用例 「重病と聞いたので、烏兎匆匆と駆けつけた」
【類義】 送る月日に関守なし/今日の後に今日なし/金烏玉兎/光陰に関守なし/光陰人を待たず/光陰矢のごとし/歳月流るる如し/歳月人を待たず/歳月流るる如し/時節流るるが如し/盛年重ねて来らず/兎走烏飛/白駒の隙を過ぐるが如し/露往霜来
【対義】
【英語】
【用例】 「結婚してからもう15年か。烏兎匆匆だね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス