噂をすれば影がさす

【読み】 うわさをすればかげがさす
【意味】 噂をすれば影がさすとは、人の噂をしていると、ちょうどそこへ噂の本人が現れることがあるということ。

【噂をすれば影がさすの解説】

【注釈】 その場にいない人の噂をしていると、なんの偶然か噂の本人がひょっこり現れることがある。
人の噂や悪口はほどほどにするべきだという戒めの意も含む。
「噂をすれば影」「言えば影がさす」ともいう。
【出典】
【注意】 「噂をすれば陰がさす」と書くのは誤り。
【類義】 噂を言えばむしろ敷け/謗り者門に立つ/謗れば影さす/虎を談ずれば虎至り、人を談ずれば人至る/話は迎えに行く/人事言えば影がさす/呼ぶより謗れ
【対義】
【英語】 Speak of the devil and he will appear./Talk of the devil and he is sure to appear.(悪魔のことを話すと悪魔が現れる)
Sooner named sooner come.(名前を言うや否や現れる)
【用例】 「噂をすれば影がさすとやらで、いるはずがないと思っていた彼が真後ろに立っていて驚いた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス