我が身を抓って人の痛さを知れ

【読み】 わがみをつねってひとのいたさをしれ
【意味】 我が身をつねって人の痛さを知れとは、他人の痛みや苦しみを、自分自身の痛みに置き換え、相手を思いやることが大事だという教え。

【我が身を抓って人の痛さを知れの解説】

【注釈】 自分の体をつねってみれば、他人が抓られたときの痛みが理解できるように、どんなことでも自分自身の身に引き比べ、人を思いやる心を持つべきだということ。
また、自分がされて嫌なことは、人にもするなということ。
「抓って」は「つめって」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 己の欲せざる所は人に施す勿れ/身をつみて人の痛さを知れ
【対義】
【英語】 If strokes be good to give, they are good to get.(人を打つのが良いことなら、人から打たれるのも良いことのはずだ)
Judge of other's feelings by your own.(自分自身で他人の思いを判断せよ)
【用例】 「人を利用して、価値がないと思ったらあっさりと捨てるだなんて……。我が身をつねって人の痛さを知りなさい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス