我が物と思えば軽し笠の雪

【読み】 わがものとおもえばかろしかさのゆき
【意味】 我が物と思えば軽し笠の雪とは、苦しいことも、辛いことも、自分のためだと思えば気にならないことのたとえ。

【我が物と思えば軽し笠の雪の解説】

【注釈】 笠に降り積もる雪が重くのしかかっても、自分の物だと思えば軽く感じられることから。
江戸時代の俳人・宝井其角の「我雪とおもへば軽し笠の上」という句から。
「軽し」は「かるし」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 The bird feels not its wings heavy.(鳥はその翼を重いとは思わない)
【用例】 「我が物と思えば軽し笠の雪で、一日十時間の練習も苦にはならない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス