若い時の苦労は買ってでもせよ

【読み】 わかいときのくろうはかってでもせよ
【意味】 若い時の苦労は買ってでもせよとは、若い時にする苦労は必ず貴重な経験となって将来役立つものだから、求めてでもするほうがよいということ。

【若い時の苦労は買ってでもせよの解説】

【注釈】 若い頃の苦労は自分を鍛え、必ず成長に繋がる。苦労を経験せず楽に立ちまわれば、将来自分のためにはならないという意味。
「苦労」は「辛労」「難儀」「辛抱」とも。
「若い時の苦労は買ってでもしろ」「若い時の苦労は買うて(こうて)でもせよ」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 艱難汝を玉にす/苦労屈託身の薬/若い時の力瘤
【対義】
【英語】 Heavy work in youth is quiet in old age.(若い時の重労働は老いての平安である)
Person never enriched a young man.(年金で金持ちになった若者などいない)
【用例】 「寒中稽古が辛いと言って泣くが、息子には最後まで通わせる。若い時の苦労は買ってでもせよという親心からだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス