笑う門には福来たる

【読み】 わらうかどにはふくきたる
【意味】 笑う門には福来たるとは、いつもにこやかに笑っている人の家には、自然に幸福がやって来るということ。

【笑う門には福来たるの解説】

【注釈】 いつも笑い声が溢れる家には、自然に幸運が訪れる。明るく朗らかにいれば幸せがやってくるという意味。
また、悲しいこと・苦しいことがあっても、希望を失わずにいれば幸せがやって来るということ。
「門」は、家・家族の意。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
「笑う門に福来る」「笑う所へ福来る」とも。
【出典】
【注意】 「門」を「もん」と読むのは誤り。
「かど」を「角」と書くのは誤り。
【類義】 祝う門に福来る/和気財を生ず/笑って損した者なし
【対義】
【英語】 Fortune comes in by a merry gate.(幸運は陽気な門から入ってくる)
Laugh and be fat.(笑えば肥える)
【用例】 「いつまでも引きずって暗い顔ばかりしていると、家中がお通夜みたいだ。笑う門には福来たるというように、明るく暮らしていればきっと良いことがあるはずだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス