割れ鍋に綴じ蓋

【読み】 われなべにとじぶた
【意味】 割れ鍋に綴じ蓋とは、どんな人にも、ふさわしい配偶者がいるものだというたとえ。また、何においても似通った程度の者同士がよいというたとえ。

【割れ鍋に綴じ蓋の解説】

【注釈】 「綴じ蓋」とは、壊れた部分を修理した蓋のことで、夫婦を鍋と蓋に例えて、壊れた鍋には修理した蓋くらいが釣り合いが取れるという意味。
『江戸いろはかるた』の一つ。
「割れ鍋」は「破れ鍋(破鍋)」とも書く。
【出典】
【注意】 「綴じ蓋」を「閉じ蓋」と書くのは誤り。
謙遜して自分に用いるのは良いが、相手に対して使うと失礼にあたるので注意が必要。
【類義】 合わぬ蓋あれば合う蓋あり/牛は牛連れ、馬は馬連れ/合うた釜に似寄った蓋/蓼食う虫も好き好き/似合い似合いの釜の蓋/似合う夫婦の鍋の蓋/似た者夫婦/ねじれ釜にねじれ蓋/曲がった釜には曲がった甑/破れ鍋に欠け蓋
【対義】
【英語】 There is no pot so ugly that a cover cannnot be found for it.(どんなに酷い鍋でもそれに合う蓋があるものだ)
Every Jack has his Jill.(どのジャクにもみな似合いのジルがいる)
【用例】 「他人から見れば頼りない男性かもしれませんが、割れ鍋に綴じ蓋というように、私には彼みたいな人が一番合うんですよ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

割れ鍋に綴じ蓋の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス