和して同ぜず

【読み】 わしてどうぜず
【意味】 和して同ぜずとは、人と協調はするが、道理に外れたようなことや、主体性を失うようなことはしないということ。

【和して同ぜずの解説】

【注釈】 『論語・子路』で孔子が「子曰く、君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」と言ったのに基づく。
君子は誰とでも調和するものだが、道理や信念を忘れてまで人に合わせるようなことは決してしないということ。
「同ぜず」は「同せず」ともいう。
【出典】 『論語』子路
【注意】 上辺だけ同調する意味で使うのは誤り。
誤用例 「納得がいかなくても、ここは自分を殺して仲良く振舞っておくべきだよ。和して同ぜずというだろう」
【類義】 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず
【対義】 同じて和せず
【英語】 One must draw the line somewhere.(どこかに線を引かねばならない)
【用例】 「大事な友達であればあるほど、自分の意見ははっきり言いなさい。喧嘩や口論をしろと言っているのではなく、仲が良くても間違いは間違いと、はっきり言えることが大事だ。友達とは、和して同ぜずの関係でいられるように」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス