渡りに船

【読み】 わたりにふね
【意味】 渡りに船とは、困っているときに、ちょうどよく助けになる人や環境に恵まれること。

【渡りに船の解説】

【注釈】 どうやってこの川を渡ろうかと考えていたときに、都合よく目の前に船が漕ぎ寄せてきた、ということから。
「渡りに船を得る」ともいう。
「船」は「舟」とも書く。
【出典】
【注意】 「渡りの船」というのは誤り。
【類義】 得手に帆を揚げる/干天の慈雨/地獄で仏に会ったよう/日照りに雨/闇夜の提灯
【対義】
【英語】 He jumped at the proposition.(彼はその提案に飛びついた)
【用例】 「人手不足で困っているときに、職を探していた友人と偶然再会した。互いの条件も合って、渡りに船というものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス