藪から棒

【読み】 やぶからぼう
【意味】 藪から棒とは、予期せぬことが唐突に起こることのたとえ。また、出し抜けに物事を行うことのたとえ。

【藪から棒の解説】

【注釈】 「藪から突然棒を突き出す」を略した言葉で、突然予期できなかったことが起きたり、物事のやり方が出し抜けであることをいう。
【出典】
【注意】 「藪から蛇」は誤り。
【類義】 足下から雉が立つ/足下から煙が出る/足下から鳥が立つ青天の霹靂/寝耳に擂粉木/寝耳に水/窓から槍
【対義】
【英語】 a bolt from the bule.(青天から稲妻)
Scarborough warning.(スカーバラ予告)
※ スカーバラとはイギリスのヨークシャー州にある港湾都市で、16世紀に城の防備力不足のために突然襲ってきた少数の敵に短時間で攻略されてしまった。
【用例】 「今月中に1000万を売り上げろだなんて、この会社は藪から棒に何を言い出すんだ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

やぶから棒(やぶからぼう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
藪から棒の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス