やはり野に置け蓮華草

【読み】 やはりのにおけれんげそう
【意味】 やはり野に置け蓮華草とは、そのもののふさわしい環境に置くのがよいというたとえ。

【やはり野に置け蓮華草の解説】

【注釈】 蓮華草は野に咲くから美しく見えるのであって、それを摘んできて家の中に飾っても調和せず、美しく見えないことから。
播磨(現在の兵庫県)の俳人、滝野瓢水が、遊女を身うけしようとした友人をいさめた句「手に取るなやはり野に置け蓮華草」から。
この句は、自然の中で咲く蓮華草が美しいのと同じように、遊女は色町にいてこそ美しく見えるという意味。
【出典】
【注意】
【類義】 花は山人は里
【対義】
【英語】
【用例】 「やはり野に置け蓮華草で、金になるからといって無理をして違う業種に手を出してみても、まったく自分の能力が発揮できなかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス