焼け木杭に火がつく

【読み】 やけぼっくいにひがつく
【意味】 焼け木杭に火がつくとは、過去に関係があった者同士は、一度縁が切れても元の関係に戻りやすいというたとえ。

【焼け木杭に火がつくの解説】

【注釈】 一度焼けて炭化した杭は火がつきやすいことから、以前に関係があって一度縁が切れた者同士は、また元の関係に戻りやすいものだということ。
特に男女関係について使うことが多い。
「焼け木杭には火がつきやすい」とも。
「木杭」は「棒杭」とも書くが、「木杭」が一般的。
【出典】
【注意】 「焼けぼっくりに火がつく」と言うのは誤り。
【類義】 燃え杭には火がつき易い
【対義】
【英語】 Wood half-burned is easily kindled.(半焼けの木は火がつきやすい)
【用例】 「同窓会で焼け木杭に火がついて、あのカップルは結婚することになったらしい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス