焼け石に水

【読み】 やけいしにみず
【意味】 焼け石に水とは、わずかばかりの努力や援助では、効果がほとんど期待できないことのたとえ。

【焼け石に水の解説】

【注釈】 焼けて熱くなった石に少々の水をかけたところで、水は蒸発し、石を冷ますことができないことから。
【出典】
【注意】 相手に対して効き目がない、という意味では用いない。
誤用例 「いくら熱心に説得したところで、係長には焼け石に水だ」
【類義】 月夜に背中焙る/天井から目薬/灯明で尻を焙る/遠火で手を焙る/二階から尻焙る/二階から目薬/杯水車薪/焼け石に雀の涙
【対義】
【英語】 What is a pound of butter among a kennel of hounds?(一群の猟犬に1ポンドのバターで何の足しになる?)
【用例】 「今からアルバイトを始めても、それは焼け石に水というものであろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス