焼け野の雉子、夜の鶴

【読み】 やけののきぎす、よるのつる
【意味】 焼け野の雉子夜の鶴とは、子を思う親の情愛が深いことたとえ。

【焼け野の雉子夜の鶴の解説】

【注釈】 「きぎす」はキジの古名。「雉」とも書く。
キジは巣のある野を焼かれたら、自分の危険もかえりみず子を救おうとし、鶴は霜の降りる寒い夜に翼で子をおおって暖めることから。
【出典】
【注意】
【類義】 熱火、子に払う/子を思う夜の鶴/跳ね火、子に払う/夜鶴子を思う
【対義】
【英語】 A mother's heart is always with her children.(母の心はいつも子供とともにある)
【用例】 「焼け野の雉子夜の鶴で、息子のためなら千里の道もいとわない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス