病膏肓に入る

【読み】 やまいこうこうにいる
【意味】 病膏肓に入るとは、病気がひどくなり治療のしようがないこと。趣味や道楽に熱中しすぎて、どうにも手がつけられなくなることのたとえ。

【病膏肓に入るの解説】

【注釈】 「膏」とは心臓の下の部分、「肓」とは横隔膜の上の部分のこと。
この部分は薬も針も届かないので、治療が困難な場所であり、そこに病が入り込んだということから、病気が重くなって治療のしようがないことを意味した。
転じて、あることに熱中しすぎて手がつけられなくなることをいう。
『春秋左氏伝・成公十年』にある以下の故事に基づく。
晋の景公が病気になり、秦から名医を呼んだところ、医者が着く前に景公は、病気の精が二人の童子となって、膏と肓の間に逃げ込む夢をみた。
医者が到着し、景公を診察すると「膏と肓の間に病気があり、薬も針も届かないので治療のしようがありません」と言ったので、景公はその医者を厚くもてなした。
まもなくして景公は没したという。
【出典】 『春秋左氏伝』
【注意】 「膏肓」を「膏盲」と書いたり、「こうもう」と読むのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「病膏肓に入るほどのギャンブル狂で、勝負があると聞いてはすぐさま駆けつける」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス