病は気から

【読み】 やまいはきから
【意味】 病は気からとは、病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。

【病は気からの解説】

【注釈】 心配事や不愉快なことがあったりすると、病気になりやすかったり、病が重くなったりするものである。
気持ちを明るく持ち、無益な心配はしないほうが、病気にかかりにくかったり、病気が治りやすかったりするということから。
「病は気より」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 心配は身の毒/百病は気から起こる/万の病は心から
【対義】
【英語】 Fancy may kill or cure.(空想は人を殺しも生かしもする)
Care killed the cat.(心配事は猫を殺す)
※ 猫は9つの命を持つといわれ、その猫さえ殺してしまうという意味から。
【用例】 「病は気からというし、気分転換においしいものでも食べに行こうよ。くよくよ考えていると、治るものも治らないかもしれないよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス