山の芋鰻になる

【読み】 やまのいもうなぎになる
【意味】 山の芋鰻になるとは、あるはずのないことが、時には起こるというたとえ。また、身分の低い者が急に出世することのたとえ。

【山の芋鰻になるの解説】

【注釈】 いくら山芋が鰻のように細くて黒っぽいものだといえ、山の芋が鰻になるなどあり得ないことが起こる意味から。
「山の芋が鰻になる」「山の芋鰻に化ける」「蕪は鶉となり、山の芋鰻になる」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 蕪化して鶉となる/雀海中に入って蛤となる/鷹化して鳩となる/田鼠化して鶉となる/腐草化して蛍となる
【対義】 山の芋鰻とならず
【英語】
【用例】 「あの万年平社員だった彼が、脱サラして商売を始めて、今じゃ年商一億円の社長だ。まさに山の芋鰻になるだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス