山高きが故に貴からず

【読み】 やまたかきがゆえにたっとからず
【意味】 山高きが故に貴からずとは、本当の価値は見かけだけで決まるものではなく、実質が伴ってこそ尊ばれるということのたとえ。

【山高きが故に貴からずの解説】

【注釈】 山はただ高いから尊いのではなく、木が生い茂っているからこそ尊いのと同じように、人間も外見だけが立派でもそれは尊いとは言えず、実質が外見に伴って始めて価値があるものだという教訓。
「たっとい」は「とうとい」の古風な言い方で、「たっとからず」は「たっとい」に打消しの「ず」が付いたもの。「尊からず」とも書く。
平安時代の教訓書『実語教』に「山高きが故に貴からず、樹有るを以て貴しと為す。人肥えたるが故に貴からず、智有るを以て貴しと為す(山はただ高いだけでは貴いとは言えず、そこに木が生い茂っているからこそ貴い。人も体が大きいだけで立派だとは言えず、知恵を持つからこそ貴い)」とあるのに基づく。
【出典】 『実語教』
【注意】
【類義】 人肥えたるが故に貴からず
【対義】
【英語】 Fine words don't fill the belly.(美しい言葉で腹は満たされない)
【用例】 「あの会社の社員はみな高級ブランドに身を包み、丁寧な言葉遣いで接客するが、山高きが故に貴からずで、社内では客の悪口ばかり言っていてとても下品だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス