闇夜に鉄砲

【読み】 やみよにてっぽう
【意味】 闇夜に鉄砲とは、あてずっぽうにやってみること。また、当たるはずもないこと、まぐれ当たりのことをいう。

【闇夜に鉄砲の解説】

【注釈】 暗闇で鉄砲を撃っても目標を定めようがないことから、向こう見ずな行動をすることの意味。
「闇夜の鉄砲」「闇に鉄砲」ともいう。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。いろはかるたでは「闇に鉄砲」。
【出典】
【注意】 「暗がりに鉄砲」というのは誤り。
【類義】 暗中的を射る/暗夜の礫/暗夜の鉄砲/暗闇の鉄砲/闇夜の礫
【対義】
【英語】 He that walketh in the darkness knoweth not whither he goeth.(闇を行く者は、行く手を知らず)
【用例】 「闇夜の鉄砲も数撃てば当たるかもしれないから、片っぱしから女の子に声をかけている。うまくいくはずもないのにね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス