柳の下にいつも泥鰌はいない

【読み】 やなぎのしたにいつもどじょうはいない
【意味】 柳の下にいつも泥鰌はいないとは、一度うまくいったからといって、いつも同じようにうまくいくわけではないということ。

【柳の下にいつも泥鰌はいないの解説】

【注釈】 一度柳の下でドジョウが捕れたからといって、いつもそうだとは限らないということから、一度そこで幸運を手に入れたからといってまた同じように幸運が得られるわけではないということ。
【出典】
【注意】 「柳の下にいつも泥鰌はいない」とすると意味合いが変わるので誤り。
【類義】 いつも柳の下に泥鰌は居らぬ株を守りて兎を待つ/来るたびに買い餅/朔日毎に餅は食えぬ/二匹目の泥鰌を狙う/柳の下の泥鰌
【対義】 一度あることは二度ある二度あることは三度ある
【英語】 There are no birds of this year in last year's nests.(去年の巣に今年の鳥はいない)
A fox is not taken twice in the same snare.(狐は二度と同じ罠にはかからない)
【用例】 「前回のプロジェクトは大成功に終わったが、だからといって慢心してはいけない。次も必ず成功するなどという保証はどこにもないのだから。柳の下にいつも泥鰌はいないということを心に留めておくように」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス