槍玉に挙げる

【読み】 やりだまにあげる
【意味】 槍玉に挙げるとは、数ある中から選んで、攻撃・非難を加える対象にして責めること。

【槍玉に挙げるの解説】

【注釈】 人の思想や言動などに対して、大勢の中から特に選び出して攻撃することをいう。
受け身の形で「槍玉に挙げられる」としても、よく使われる。
「槍玉」とは、長い槍を小さな手玉のように自在にあやつること。
「挙げる」は「上げる」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「クラス全員の中から彼だけが槍玉に挙げられて、担任からこっぴどく叱られた」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

槍玉(やりだま)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
槍玉に挙げるの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス