夜郎自大

【読み】 やろうじだい
【意味】 夜郎自大とは、自分の力量を知らず、いばっていることのたとえ。

【夜郎自大の解説】

【注釈】 「夜郎」とは、漢の時代の国名。中国の南西にあった、未開部族の国。
「自大」とは、自ら尊大な態度をとり、威張ること。
昔、夜郎国の王は、漢帝国の大きさを知らずに自分の国だけが大国だと思い込んでいた。
漢からの使者に来たとき、夜郎国の王が「漢と夜郎国とでは、どちらが大きいか」と尋ねたという故事に基づく。
【出典】 『史記』西南夷伝
【注意】 「野郎自大」と書くのは誤り。
【類義】 井の中の蛙大海を知らず
【対義】
【英語】
【用例】 「彼は主任になってから、ずいぶんと夜郎自大になっている」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

夜郎自大(やろうじだい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
夜郎自大の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス