安かろう悪かろう

【読み】 やすかろうわるかろう
【意味】 安かろう悪かろうとは、値段が安いものは、それ相応の品質なので、良いものはないということ。

【安かろう悪かろうの解説】

【注釈】 安いものに良いものはないということで、安いものには安い理由があるものだ。
「ろう」は推量の助動詞。
「高かろう良かろう、安かろう悪かろう」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 銭は銭だけ/安い高いは品による/安い物は高い物/安物買いの銭失い/安物買いの銭乞食/安物に化け物が出る
【対義】 高かろう良かろう
【英語】 Cheapest is dearest.(一番安いのが一番高い)
【用例】 「破格の値段でパソコンを買ったが、やはり安かろう悪かろうというものだった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス