預言者郷里に容れられず

【読み】 よげんしゃきょうりにいれられず
【意味】 預言者郷里に容れられずとは、すぐれた人物であっても、身近な人には理解されにくいということ。

【預言者郷里に容れられずの解説】

【注釈】 神の啓示を受けた者であっても、幼少の頃から身近に成長していく姿を見ていた人にとっては、普通の人としか思えず、それほど高く評価されないという意から。
「預言者」とは、神の言葉を世に伝える伝道者のこと。
『新約聖書・ルカ伝』にあるキリスとの言葉「はっきり言っておく。預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ」とあるのに基づく。
英語は、No prophet is recognized in his own country.
「預言者故郷に容れられず」とも。
【出典】 『新約聖書』
【注意】
【類義】 遠きは花の香、近きは糞の香/遠くの坊さん有難い/所の神様有難からず/人は故郷を離れて貴し
【対義】
【英語】 No prophet is recognized in his own country.(預言者は自分の郷里以外どこでも敬われる)
A prophet is never welcomed in his hometown.(預言者は自分の故郷では尊敬されない)
【用例】 「預言者郷里に容れられずで、彼が総理大臣になったことを、両親はさして驚きもしなかった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス