横槍を入れる

【読み】 よこやりをいれる
【意味】 横槍を入れるとは、横から口を出し、人の話や行動を妨害すること。

【横槍を入れるの解説】

【注釈】 人が話すことやすることに、第三者が横から口を挟んで妨害することのたとえ。
戦場で、合戦している双方の横から別の一隊が槍で襲いかかってくることから。
横から口を出されることは「横槍が入る」という。
【出典】
【注意】
【類義】 横矢を入れる
【対義】
【英語】 To thrust in one's oar.(カイを突き入れる)
【用例】 「本人同士が決めたことなのに、親戚が横槍を入れたせいで結婚話が延期になった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス