欲の熊鷹股裂くる

【読み】 よくのくまたかまたさける
【意味】 欲の熊鷹股裂くるとは、あまりに欲が深いと、自分の身に災いをもたらすというたとえ。

【欲の熊鷹股裂くるの解説】

【注釈】 熊鷹が二頭の猪をつかんだところ、猪は驚いて左右に分かれて逃げ出したが、どちらも逃がすまいと放さなかったっために、股が裂けて死んでしまったという昔話から。
「熊鷹」とは、タカ科の大きな鳥。
「欲の熊鷹股から裂ける」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 虻蜂取らず/一も取らず二も取らず/蛇の口裂け/蛇は口の裂くるのを知らず/心は二つ身は一つ/大欲は無欲に似たり二兎を追う者は一兎をも得ず/花も折らず実も取らず/右手に円を描き、左手に方を描く/欲張って糞垂れる/欲は身を失う/欲深き鷹は爪の裂くるを知らず
【対義】
【英語】
【用例】 「欲の熊鷹股裂くるで、あちらにもこちらにもいい顔ばかりしていると、そのうちひどい目にあうぞ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス