夜目遠目笠の内

【読み】 よめとおめかさのうち
【意味】 夜目遠目笠の内とは、夜の暗がりで見るとき、遠くから見るとき、笠の下からちらりと見えるとき、女性は一番美しく見えるものだ。

【夜目遠目笠の内の解説】

【注釈】 夜の灯りや、遠くからものを見たときははっきりと見えず、美しいものだと期待してしまう。
よく見えないものを、実際よりずっと美しいものに仕立ててしまうものだということ。
夜目、遠目、笠の内のいずれか一つの状況に当てはまった場合にもいう。
また、ぼんやりとしていてよく分からない状態も、これに当てはまる。
「笠」とは、かぶりがさのこと。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「笠」を「傘」と書くのは誤り。
【類義】 遠目山越し笠の内/夜目遠目笠の下/夜目遠目笠を脱げ/夜目には牛の毛も白い
【対義】
【英語】 Choose neither women nor linen by candle-light.(女性もリンネル製品もろうそくの光の下では選ぶな)
Hills are green far away.(遠くの山は青い)
【用例】 「ひとりバーのカウンターでお酒を飲んでいる女性を見かけると、ついつい声をかけてしまう。酔っているせいもあるのだろうが、若くてもそうじゃなくても、みんな美人に見える。夜目遠目笠の内というからね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス