世の中は三日見ぬ間の桜かな

【読み】 よのなかはみっかみぬまのさくらかな
【意味】 世の中は三日見ぬ間の桜かなとは、世間の移り変わりの早いことのたとえ。

【世の中は三日見ぬ間の桜かなの解説】

【注釈】 桜の花はあっという間に散ってしまうことを世の中の移り変わりに掛けて言ったことば。
江戸中期の俳人、大島蓼太の句「世の中は三日見ぬ間に桜かな」から。
この句では、三日外に出ないでいたら、桜の花が咲き揃っているという意味であった。
【出典】
【注意】
【類義】 明日ありと思う心の仇桜有為転変は世の習い諸行無常/三日見ぬ間の桜
【対義】
【英語】
【用例】

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス