葦の髄から天井を覗く

【読み】 よしのずいからてんじょうをのぞく
【意味】 葦の髄から天井を覗くとは、自分だけの狭い見識で、大きな問題を論じたり、判断することのたとえ。

【葦の髄から天井を覗くの解説】

【注釈】 葦の茎の細い穴を通して天井を見ても、すべてを見渡すことができないことから。
「葦の髄から天井覗く」「葦の髄から天井を見る」とも。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 井の中の蛙大海を知らず/貝殻で海を量る/鍵の穴から天を覗く/夏虫は以て氷を語るべからず/管を以て天を窺う/蜆貝で海を量る/井蛙の見/井蛙は以って海を語るべからず/大海を耳掻きで測る/天水桶の孑孑/夏の虫氷を笑う/針の穴から天を覗く
【対義】
【英語】 To have a narrow view of things.(狭い了見を持つ)
【用例】 「聞きかじっただけの知識で全体を批判するなんて、葦の髄から天井を覗くようなものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス