羊質虎皮

【読み】 ようしつこひ
【意味】 羊質虎皮とは、外見だけは立派だが、それに実質が伴っていないことのたとえ。

【羊質虎皮の解説】

【注釈】 実際は羊なのに、虎の皮をかぶっているの意味から。
「虎皮羊質」「羊質にして虎皮す」ともいう。
【出典】 『後漢書』
【注意】 「羊頭狗肉」と「羊質虎皮」は、羊の役割が反対である。
【類義】 看板倒れ/看板に偽りあり/牛首馬肉/牛首を懸けて馬肉を売る/牛首を門に懸けて馬肉を売る/羊虎を仮る/有名無実/羊頭狗肉/羊頭を掲げて狗肉を売る/羊頭を掲げて馬脯を売る/羊頭を懸けて狗肉を売る/羊頭を懸けて馬肉を売る
【対義】 看板かくれなし/看板に偽りなし/言行一致
【英語】
【用例】 「あいつは羊質虎皮で全然使い物にならなかったよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス