羊頭を懸けて狗肉を売る

【読み】 ようとうをかけてくにくをうる
【意味】 羊頭を懸けて狗肉を売るとは、見かけと実質がともなっていないことのたとえ。宣伝や上辺は立派に見えるが、実際には粗悪なものを売ることのたとえ。

【羊頭を懸けて狗肉を売るの解説】

【注釈】 「狗」は犬のこと。
羊の頭を看板にかけておいて、実際には犬の肉を売ってごまかすことから。
『無門関・六則』に「羊頭を懸けて狗肉を売る」とあるのに基づく。
【出典】 『無門関』
【注意】 「狗肉」を「苦肉」と書くのは誤り。
【類義】 看板倒れ/看板に偽りあり/牛首馬肉/牛首を懸けて馬肉を売る/牛首を門に懸けて馬肉を売る/玉を衒いて石を売る/羊質虎皮羊頭狗肉/羊頭を掲げて狗肉を売る/羊頭を掲げて馬脯を売る/羊頭を懸けて馬肉を売る
【対義】 看板かくれなし/看板に偽りなし/言行一致
【英語】 He cries wine and sells vinegar.(彼はぶどう酒を売ると叫んで酢を売っている)
【用例】 「あの店には行っても仕方ないよ。羊頭を懸けて狗肉を売るようなことばかりするからね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス