弱り目に祟り目

【読み】 よわりめにたたりめ
【意味】 弱り目に祟り目とは、困っているときに、さらに災難が重なること。不運が重なることのたとえ。

【弱り目に祟り目の解説】

【注釈】 弱っているときに、祟りまで加わるの意味から。
「弱り目に祟り目」の「目」は、「落ち目」や「控え目」と同じく、動詞の連用形に付きその状態にあることを表す接尾語で、目が弱っているときに目が祟られるの意味から転じたものではない。
【出典】
【注意】
【類義】 痛い上の針/痛む上に塩を塗る/大荷に小付け/落ち目に祟り目/鬼は弱り目に乗る/重き馬荷に上荷打つ/重荷に小付け/傷口に塩を塗る/こけた上を踏まれる/瘤の上の腫れ物/転べば糞の上/転んだ上を突き飛ばす/損して恥かく/頼む木の下に雨漏る/泣きっ面に蜂/不幸は単独では来ない/踏んだり蹴ったり/痩子に蓮根/病み足に腫れ足/病む目につき目/弱身につけこむ風の神
【対義】
【英語】 Misfortunes seldom come singly.(災いはひとりでは来ない)
It is a good ill that comes alone.(単独で来る不幸は、良い不幸である)
【用例】 「会社をクビになった日に財布を落とし、帰宅したら家が全焼していた。これが弱り目に祟り目ということか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス