油断大敵

【読み】 ゆだんたいてき
【意味】 油断大敵とは、たいしたことはないだろうと油断すると、思わぬ失敗を招くことから、気のゆるみを戒めたことば

【油断大敵の解説】

【注釈】 少しでも注意を怠れば、大きな失敗を招くこともあるため、油断が何よりも恐れるべき敵だということから。
『江戸いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 蟻の穴から堤も崩れる/まだ早いが遅くなる/油断強敵/油断大敵火がぼうぼう/油断は怪我の元/油断は不覚のもとい
【対義】
【英語】 Security is the greatest enemy.(安心は最大の敵である)
【用例】 「油断大敵だ、格下の相手だからといって手を抜くな」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス