雪は豊年の瑞

【読み】 ゆきはほうねんのしるし
【意味】 雪は豊年の瑞とは、雪がたくさん降ることは、その年が豊作になる前兆だということ。

【雪は豊年の瑞の解説】

【注釈】 「瑞」とは、前兆・前ぶれの意。
稲作には多量の水を必要とするので、雪が多い年は山に降った雪解けの水が豊富なため、干害の心配がなく豊作が見込まれることから。
『万葉集・三九二五』には「新しき年の初めに豊の年しるすとならし雪の降れるは」とある。
「雪は豊年の例(ためし)」「雪は豊年の貢物」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 大雪に飢渇なし/大雪は豊作の兆し/雪の多い年は麦は豊作/雪は五穀の精
【対義】
【英語】
【用例】 「冬の間の雪かきは大変だが、雪は豊年の瑞というから、秋になるのが楽しみだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス