幽霊の正体見たり枯れ尾花

【読み】 ゆうれいのしょうたいみたりかれおばな
【意味】 幽霊の正体見たり枯れ尾花とは、恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見えることのたとえ。また、恐ろしいと思っていたものも、正体を知ると何でもなくなるということのたとえ。

【幽霊の正体見たり枯れ尾花の解説】

【注釈】 「尾花」はススキの穂のことで、幽霊だと思って恐れていたものが、よく見たら枯れたススキの穂だったという意味から。
疑心暗鬼で物事を見ると、悪いほうに想像が膨らんで、ありもしないことに恐れるようになるということ。
横井也有の俳文集『鶉衣』にある「化物の正体見たり枯れ尾花」が変化した句といわれる。
【出典】
【注意】
【類義】 疑いは暗中の人影/疑えば目に鬼を見る/落ち武者は薄の穂にも恐ず/疑心暗鬼を生ず/窃ぷの疑い/茄子を踏んで蛙と思う/杯中の蛇影
【対義】
【英語】 One always proclaims the wolf bigger than himself.(狼を見た人はいつも大きく報告する)
【用例】 「幽霊の正体見たり枯れ尾花だ。怖い怖いと思っていると、何でも恐ろしいものに見えてしまうぞ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス