勇将の下に弱卒無し

【読み】 ゆうしょうのもとにじゃくそつなし
【意味】 勇将の下に弱卒なしとは、上に立つ者が優れていれば、その下につく者も優れているということ。

【勇将の下に弱卒無しの解説】

【注釈】 強く勇ましい将軍の下に、弱い兵士はいないことから、上に立つ者の力量が部下の力量をいかに左右するかということ。
蘇軾『題連公壁』にある「強将の下に弱兵無し」から。
「弱卒」とは、弱い兵士。頼りにならない部下の意味。
【出典】 蘇軾『題連公壁』
【注意】 「勇将の下に」を「勇将のしたに」と読むのは誤り。
【類義】 強将の下に弱兵無し
【対義】
【英語】 Such captain, such retinue.(この隊長にして、この従者あり)
Like master, like men.(主人が主人なら家来も家来)
【用例】 「彼がどんな上司の下で育ったのか、見なくてもわかる。勇将の下に弱卒なしだ」」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス