有終の美を飾る

【読み】 ゆうしゅうのびをかざる
【意味】 有終の美を飾るとは、最期までやりとげ、立派な成果をあげること。

【有終の美を飾るの解説】

【注釈】 「有終」は、『詩経』大雅・蕩の「初め有らざるなし 克く終わり有る鮮し」から、終わりをしっかりしめくくるということ。
【出典】 『詩経』大雅・蕩
【注意】 「優秀の美」と書くのは誤り。
【類義】 掉尾を飾る
【対義】
【英語】 To make up one's mounth.(最後に美味しいものを食べて食事を終える)
【用例】 「最後の試合に勝って、有終の美を飾りたいものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス